■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
治療費と併せて研究費も 肝炎対策
もう待てない! チラシ 変形版 17日、民主・社民・国民新の与党3党の幹事長は、2010年度予算への与党の重点要望をまとめ、鳩山首相に提出しました。肝炎対策もこの中に盛り込まれています。
 
 民主党のサイト「「国民を安心させ、元気にさせる予算を」与党3党の幹事長が予算重点要望を政府に提出」
 平成22年度国家予算与党三党重点要望<pdf>

 肝炎患者支援策のうち、医療費助成については、肝硬変・肝癌患者への支援を先送りするなど不十分な部分はありますが、来年度からは一定前進するめどが立ちそうです。

 しかし、肝炎治療など研究を進めるための予算についての増額などはこれまでの民主党や与党3党の要望からは、見えてきません。
 
 


 FNNニュース(09/12/16)「インターフェロン治療を支援する遺伝子研究が完成しましたが、予算の壁も」

 オンラインニュースから引用します。
 国立国際医療センターの溝上センター長と名古屋市立大・医学研究科の田中靖人教授が、世界初の遺伝子研究を完成させた。田中教授は「遺伝子の違いを見ることで、効く人、効かない人、事前に約90%の確率で予測することができるようになった

 インターフェロンの効果を決定づける遺伝子とは、「IL28b」で、これが変異している患者は、インターフェロンの効果が見込めないことを、田中教授らのチームが発見した。
田中教授は「9割っていう(効く)確率があった場合には、もうかなり主治医の方も積極的に患者さんにアプローチできます・・・

 ------------------ 引用終わり

 来年早々に開催されると思われる肝炎対策基本法に基づく「肝炎対策推進協議会」で、研究予算の増額も重点テーマとして取り上げていただき、研究が促進され、一般施設で検査ができるようにし、保険適用まで視野に入れた対策が急がれます。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:57:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。