■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
カッペ
つれあいのカッペ つれあいは28日午前退院が決まりました。目の網膜付近を手術し、ついでに白内障も治療し、眼内レンズに入れ替えました。
 目を保護するカッペを夜寝るときだけ付けなければなりません。
 病院ではアルミ製を貸してくれるのですが、売店でプラスチック製を買いました。
 次回診察までは、車の運転も旅行もだめだそうです。しばらく私が運転手を務めなければなりません。
 次回診察は、1月8日隣市にあるB眼科に病院のAドクター(執刀医)が診察をしているので、そちらで診てもらえるそうです。

 年末で手術もなく、病室は他の患者はもういません。もともと6人部屋だったところを4人部屋し、他の患者がいないのでがらんとしています。
 毎日、2回ドクターの診察が処置室であり、非常に丁寧な病院だそうです。暇をもてあまし窓から見える広大なスポーツ公園や団地をスケッチをしていると、看護師さんが色鉛筆を貸してくれたそうです。きれいに仕上がっていました。


 28日に宅急便のメール便を利用し「療養手帳 治療のあゆみ」を会員に発送する手配をすすめています。
 事前に配送センターと相談すると、800もの数だとシールを貼ったりそのバーコードを読み取るのに相当時間がかかるそうです。事前にシールを届けていただくことになり、日曜日の夕方に事務所で受け取ることになりました。
 100通ほど試しに貼ってみましたが、貼るだけでも時間がかかります。明日は覚悟が必要なようです。

■日肝協の「対策委員会」
 28日、代表幹事など6人で肝炎対策推進協議会対策委員会が開催されました。
 私は、自分の病気やつれあいの入院などで、委員会からは外れました。メールやFaxで連絡を取りあいながら、作業が進められました。
 一両日中に、来春の国会請願用紙の案を作り、役員に諮ってから各地の幹事に提案。来年早々には印刷の準備を始めます。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

雑記 | 23:37:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad