■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
清瀬から厚労省へ
清瀬 複十字病院・結核研究所裏の散歩道(株)BCG研究所前全生園 国立ハンセン病資料館 入り口 7日、息子宅で七草がゆを作って皆で食べました。息子は、訓練校へ。私たち夫婦は清瀬経由で全生園に。2007年リニュアール開設された国立ハンセン病資料館に出かけました。
 清瀬駅から徒歩で資料館へ。途中、30年前にお世話になった結核研究所があったりして懐かしい思いにふけりました。
 ハンセン病資料館は、国が設けただけあってさすがに立派です。全国のハンセン病患者運動「全患協」「全寮連」運動の歴史なども展示されており、もう一度ゆっくり見学してみたいです。






第5合同庁舎 厚労省 午後は、日本難病疾病団体協議会の要請で開催された厚労省疾病対策課の新年度予算案説明会に参加。
 肝炎対策については、
 ①医療費助成(自己負担額の軽減) 129億円から180億円に増額
②市町村が実施する肝炎ウイルス検査は、これまでの実績に基づいて20億円の減額。
 ③肝疾患連携拠点病院整備を中心とする事業では、増減なし
 ④啓発 同病者によるピアカウンセリング事業を新規メニューに。
 ⑤研究費は、1億円増
 ⑥肝炎対策推進協議会 年3~4回開催を予定
などが説明されました。

 患者会の今後の課題として、
1)市町村実施の肝炎ウイルス検査については、地域患者会が対応する市町村に積極的に取り組むように働きかける必要がある。
 市町村窓口は、市区町村がん検診に関するホームページリンク集を参照することになります。
2)新規メニューとして取り上げられた「同病者によるピアカウンセリング事業」は、取り組む患者会での対応(その地域の肝疾患連携拠点病院に設置されている『肝疾患相談支援センター』都の連携、ピアカウンセリング担当者の研修の検討
3)国の肝炎対策推進協議会への患者委員選考への対応
などです。

 一緒に参加した千葉の役員さんと、関連して千葉県市川市の国立国際医療センター(新年度から独立行政法人化)国府台病院に開設されている「肝炎・免疫研究センター」「肝炎情報センター」の見学や責任者との懇談も計画したいと相談しました。
 段取りは、千葉で取っていただけそうです。
 
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:21:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。