■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
患者情報室にリボンズハウスが
スター混声合唱団 独立行政法人国立病院機構 大阪医療センターに「患者情報室」が設置されています。ここにがん患者の相談やケアを行う「リボンズハウス」が昨年12月14日に設置されました。
 リボンズハウスを運営するのは、「NPO法人キャンサーリボンズ」。
 この開設を記念して、11日午後、「支えあいの輪 スター混声合唱団 in 大阪医療センター」が開催されました。
 第1部は、院長挨拶、がん診療チームによる「大阪医療センターのがん患者さんと家族への支援のご紹介。
 第2部が、山田邦子さんのおしゃべりとスター混声合唱団によるコンサート。
 災害医療棟3階の大講堂で行われ、開場はいっぱいの大盛況でした。

 14時から始まったイベントは、あっという間に2時間がたって、大きな余韻を残して終了しました。
 第1部は30分ほどでしたが、がんサポートチームに関わる医師、看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーらが、それぞれの持ち場について説明される患者・家族の不安や心配事に答えるQ&A形式で行われた巧みな演出で、よかったです。



 患者と家族に対する相談支援の体制が各地にできることは大歓迎です。大阪医療センターの患者情報室は、以前は災害医療棟の階段室のスペ-スを利用して設置され、「NPO法人ささえあい医療人権センターCOML」が3年間その立ち上げを支えてきました。
 昨年から病院に運営が移管され、どうなるのか心配していましたが、しっかりした組織が関わることになり、一安心です。こちらの情報室には、以前から会報「友の会だより」を毎号お届けしています。

■ 医療センターでのイベント終了後、「めざす会」の参加したメンバーが大阪がん医療の向上をめざす会の事務所で2時間程度の打ち合わせ。当面する課題は、
  19日(火) 「府民に届け!大阪ならではのがん情報プロジェクト」調査打ち合わせ(成人病センター)
  3/28 りそなホール 産経主催 シンポジウムでさつきGが合唱 午後 5月の「さつき」イベントの準備
  1/28 大阪府がん診療連携拠点病院選定委員会 傍聴 14:00~ がん検診センター
  1/30 市立堺病院 がん治療 講演会:堺市民会館への対応(参加)
 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

ニュース | 23:32:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。